歯医者

歯医者さんが教えてくれた根管治療のウソ・ホント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 最近でこそ、根管治療という呼び方をちらほら耳にする機会が増えてきたように感じますが、まだまだ自分自身が必要としなければ意識する事の少ないワードかと思います。一般的には歯根治療とも呼ばれる根管治療ですが、その内容を詳しくみていきましょう。

根管治療ってなに?

 まだまだ馴染みの薄い根管治療とは何か?まずは根管治療について簡単にまとめてみます。

根管治療の概要

 根管治療とは簡単に言うと、歯の基礎工事といったところでしょう。歯の治療は色々ありますが、基本的には削ったり、詰めたり、被せたりというものになります。その処置方法すべてにおいて大切になるのがこの根管治療です。なぜなら、どんな処置を施したとしても、一時的に解消したとしても、根っこの部分、歯の根の部分に膿ができるリスクがあります。このリスクをしっかりと解消したうえで、治療を施すことが大切です。

なぜ根管治療はメジャーじゃないの?

 根管治療という言葉を初めて聞いたという人がまだまだ多いように、まだまだ根管治療はメジャーではありません。なぜなら今やコンビニの数より多い歯医者さんですが、どの歯医者さんでもできる訳ではないのがこの根管治療なのです。根管治療を施すには、高い技術はもちろんですが、それとプラスして、高度な専門機器が必要なのです。根管治療とは歯の根っこの部分を治療する事になるので、最新の精密機械を有していなければ出来ないのです。

どんな人が根管治療の対象になる?

 そんなどの歯医者さんでもできるわけではない根管治療ですが、どんな人が対象になるのでしょうか?下記のような方は、おススメです。

  • インプラントを勧められたが、自分の歯を残したい方!
  • 抜歯を勧められたが、どうしても抜きたくない方!
  • 治療したはずの歯が、まだ痛む方!
  • 同じ箇所の虫歯治療を、何度も繰り返している方!
  • 何回治療しても良くならない方!

根管治療専門医の選び方 

 メジャーではない根管治療を施してくれる歯医者さんは非常に貴重な存在です。でも、その中で自分に合った、納得のいく治療を施してくれる歯医者さんを選ぶには何を基準にしたら良いのでしょうか?ここから選ぶ際に抑えるべきポイントをお伝えします。

根管治療専門医を選ぶ際のポイント

 根管治療をどこでお願いしたら良いのか?選ぶべきポイントはいくつかありますが、それぞれポイントを押さえて、自分にあった歯医者さんを選びましょう!

1、認定医・専門医

 根管治療を推奨する団体として、日本歯科保存学会や日本歯内療法学会という団体があります。このような団体では、それぞれ認定制度を設けており、所属年数等に応じて認定医や専門医といった称号を与えています。ここはひとつの基準になるのではないでしょうか。

2、最新専門機器

 歯医者さんの治療機器は、そのほとんどが非常に高額です。ほぼリース契約で賄っているのが現状ですが、設備はどんどん新しいもの、そして良いものが出てきます。常に最新機器を揃える事は不可能ですが、それでも患者さんの立場にしてみれば最新機器であるに越した事はないでしょう。

3、症例実績件数

 最新機器のお話はしましたが、それを使いこなす技術ももちろん大切です。トレーニングも大切ですが、当然ながら症例実績は多い方が良いに決まっています。ここはHP等で確認しましょう。

最期に

 根管治療を考えたときに、まだまだ患者さんにとって情報が少なく、選ぶ際の基準がないのが現状ですが、自分に合った根管治療専門医の先生と出会えるように、まずは情報収集につとめ、納得してお願いすることが大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA